血液の安全性

世界的に収集された1.07億献血のために、これらの約半分は、高所得国、世界人口の15パーセントに家に集めている。

これは2004年に収集された8000万寄付金から約25%の増加を示している。

低所得国では、輸血の最大65%が5歳未満の子供に与えられている。

高所得国では、最も頻繁に輸血患者群は、すべての輸血の最大76%を占め、65歳を超えているのに対し、高所得国における献血率は1000年の人口あたりの39.2の寄付である。

2004年から2011年の自主未払いのドナーから7.70万人の献血の増加は71カ国は、自主的な未払いの献血者からの血液供給の90%以上を収集。

しかし、73カ国は、家族/交換または有料ドナーからの血液供給の50%以上を収集。

唯一の41 151の国、他の110の国が海外からPDMPsをインポートするのに対し、国で採取した血漿分画によって血漿由来医薬品(PDMPs)を生成。

国家の血液の方針と組織

輸血は命を救う、健康が改善されますが、輸血を必要とする多くの患者は、安全な血液へのタイムリーなアクセスを持っていない。

安全で適切な血液を提供することは、すべての国の国民の医療政策やインフラの不可欠な一部である必要があります。

WHOは採血、検査、加工、貯蔵、流通に関連するすべての活動が効果的な組織と国家の血液政策を通じて国家レベルで調整されることをお勧めします。

これは基準や血液や血液製剤の品質と安全性の一貫性の均一な実施を促進するための適切な立法によってサポートされる必要があります。

2011年には、国の68%が2004年に国の60%と比較して、国家の血液の政策を持っていた全体的には、国の62%は輸血の安全性と品質をカバーする特定の法律があります。

約1.07億献血は世界的に収集されます。

これらのほぼ半分は、高所得国、世界人口の15パーセントに家に集めている。

168カ国で約10 000血液センターは8300万寄付の合計を収集し報告する。

血液センターでのコレクションは、所得階層に応じて変化する。高所得国では15 000と比較して、血液センターごとの中央値の年間寄付は、低·中所得国では3100です。

低·高所得国間の安全な血液へのアクセスレベルに著しい差がある。

全血献血率は国の血液の一般的な利用可能性の指標である。高所得国では中央値献血率は1000年の人口あたりの39.2の寄付である。

これは中所得国では12.6寄付や低所得国では4.0寄付します(図1を参照)に匹敵する。

75カ国は、1 000人あたり10未満の寄付を集める報告する。これらのうち、38カ国は、WHOのアフリカ地域、米州6、東地中海地域、ヨーロッパでは6、東南アジアでの7および西太平洋における10中8である。

すべては、低、中所得国である。

献血者

献血者の年齢や性別

これは、広く範囲が献血者の性別プロファイルに関するデータは、世界的に、献血の30%が女性によって与えられていることを示している。

104報告の国では18未満、10%の寄付は女性ドナーによって与えられる。

献血者の年齢プロファイルは、ドナーの全体の6%は、アンダー18の年齢層から来ていることを示して18〜24歳の人々から27%、25〜44のグループから38%、45〜64のグループからの26%、3% 65以上。

低·中所得国では、比例してより多くの若い人々が(図2参照)、高所得国に比べて献血。献血者の人口統計情報は、リクルート戦略を策定し、監視するために重要である。

献血者の種類

献血者の3種類があります。

安全な血液の十分かつ信頼性の高い供給が定期的、自発的、未払いの献血者の安定した基盤で保証することができる。

血液媒介感染症の有病率は、この群の中で最低であるように、これらのドナーはまた、ドナーの最も安全なグループである。

世界保健総会決議は自主的な非報酬献血に基づいて、国の血液システムの開発にすべての加盟国に促す1と自給の目標に向かって働いています。

データは、低·中所得国では自主的な未払いの献血の有意な増加を示しているWHOに報告された。

2004年から2011年の自主未払いのドナーから7.70万人の献血の増加は、156カ国で報告されている。

自主的な未払いの献血の最高の増加は、東南アジア(65%)、アフリカ(48%)の地域で観察された。

絶対数の最大増加は、西太平洋地域で報告された。

71カ国は22、中、38は、高所得国である(自主未払いの献血者から自分の血液供給を100%と60カ国(または99%以上)を含め、自主的な未払いの献血から自分の血液供給の90%以上を収集所得国および11の低所得国)を参照してください。

これら60カ国の15カ国、100%を達成した(または99%以上)、2004年に報告されたより低い割合から2011年には自主的な未払い寄付している。

(41%〜100%)(53%〜100%)(40%〜100%)クック諸島、ケニア、ニカラグア:これら15カ国の6は75%未満、2004年に報告された割合から、この目標を達成している、トルコ(40%〜100%)、アラブ首長国連邦(59%〜100%)、ザンビア(72%〜100%)。

73の国では、血液供給の50%以上は、まだ家族/交換と有料献血者に依存している(8 45は中所得国であり、20の低所得国であり、高所得国である)。

22カ国はまだ合計で800 000の寄付を中心に、2011年に支払われた寄付金を集める報告する。報告された寄付金の58%は、アフェレーシスの寄付である。

血液検査

WHOはすべての献血を使用する前に、感染のスクリーニングをすべきであると推奨しています。スクリーニングは、HIV、B型肝炎、C型肝炎および梅毒のために必須であるべきである。

25カ国は、上記の感染症の1つ以上のすべての献血血液をスクリーニングすることができません。

検査キットの不規則な供給は、スクリーニングするために最も一般的に報告された障壁の一​​つである。

低所得国では24%の献血は、文書化された標準的な操作手順と外部の品質保証スキームへの参加を含む基本的な品質手順に従って選別されていません。

高所得国では献血中の輸血伝播感染症(のTTI)の有病率は、低·中所得国に比べてかなり低い。

高所得国における献血のHIVの有病率は、それぞれ0.1%と中·低所得国では0.6%と比較して、0.003%(中央値)である。

この違いは、ドナーの種類(たとえば、リスクが低い集団から自主未払いの献血者など)やドナーを教育し、選択するシステムの有効性を献血する資格がある集団のメンバーの中で、変数の有病率を反映している。

血液の加工

抗凝固剤で採取した血液には保存され、変更されていない状態にある患者に輸血することができます。

これは「全血」輸血として知られている。

それは、例えば、赤血球濃縮物、血漿、およびクリオプレシピテートおよび血小板濃縮物などの成分に分離されている場合は、血液をより効果的に使用することができる。これにより、複数の患者のニーズを満たすことができる。

彼らが必要とする様々な血液成分を患者に提供する能力は依然として低所得国に限定されている低所得国で採取した血液の40%が成分に分離されて、中所得国では78%、高97%に所得国。

血漿由来医薬品の供給

世界保健総会決議(WHA63.12)は自給の達成を目指して、リソースの可用性に応じて全国的に調整され、効率的に管理された、持続可能な血液および血漿のプログラムを確立実装し、サポートするために、加盟国に促す。

これは、全世界で発生した重大なさまざまな条件を防ぎ、治療に必要とされている、すなわち、血漿由来医薬品の免疫グロブリンおよび凝固因子の十分かつ公平な供給を確保するため、個々の政府の責任です。

151の報告国の41カ国(20、高所得、19中所得、2低所得)は、国で採取した血漿(例えば、国内または/および契約分別)分別を通じてPDMPsの全部または一部を生成する。

41カ国の32は、血漿分画が国内で実施し報告している。

41カ国の9は、他の国での契約分画のために送られたプラズマを報告している。

他の110の国々は、すべてのPDMPsがインポートされていることを報告している。

33カ国からの報告の周り千万リットルプラズマは年度中PDMPsの生産のために分別した。これは、全血献血から回収された約50%の血漿を含んでいる。

血液の臨床使用

不必要な輸血と危険な輸血の実践は、重篤な有害輸血反応およびTTIのリスクに患者をさらす。不必要な輸血も必要としている患者のための血液製剤の利用可能性を減らすことができます。

WHOはすべての国が国家政策や病院での血液の使用の合理化及び輸血プロセスの安全性を監視し、改善するための国家haemovigilanceシステムのガイドラインを実装するために輸血委員会があることを推奨します。

109カ国は、血液の適切な臨床利用に関する国のガイドラインがあります。

86パーセントの高所得国では低·中所得国のわずか34%に比べて、国家システムを持っている。

委員会は、高所得国では、低·中所得国の病院の約半分に輸血を行う病院の79%に存在する。

臨床監査は、高所得国では、低·中所得国の病院の58%で、輸血を実施する病院の91%で行われている不利な輸血事象を報告するためのシステムは、高所得国の輸血や低·中所得国では76%を実施する病院の93%に存在する。

輸血

輸血患者の年齢分布の国々の間には大きなばらつきがあります。例えば、高所得国で、最も頻繁に輸血患者群は、全ての輸血の最大76%を占める、65年以上です。低所得国では、輸血の最大65%が5歳未満の子供たちのためのものです。

高所得国では、輸血は、最も一般的に支持し、心臓血管外科の医療、移植手術、大規模な外傷、固体および血液悪性腫瘍の治療に使用されます。低·中所得国では妊娠関連の合併症や重症の子供の頃の貧血を管理するために、より頻繁に使用されます。

WHO

血液の安全性と可用性のためのWHOの戦略は、5つの主要分野に対処します。

輸血を必要とするすべての患者のための安全な血液および血液製剤のタイムリーな可用性を確保するためによく組織化、全国的に調整された輸血サービスの確立する。

低リスク集団からの自発的な未払いの献血者からの血液を集めた。

輸血伝染感染症、血液型との互換性テストのための品質保証テストです。

血液や不必要な輸血の減少の安全で適切な使用します。

献血から輸血の受信者のフォローアップのために、全体の輸血プロセスをカバーする品質システムです。

患者のニーズを満たすために、安全で十分な血液の供給と血液製剤と良好な輸血の実践へのタイムリーなアクセスを確保するため、国の血液システムの開発で国をサポートするのだ。

プログラムは、政策指針や安全な血液や血液製剤へのユニバーサルアクセスを確保し、国民皆保険を達成するために自主的な未払いの献血に基づいて安全な血液および血液製剤の自給に向けて作業するための国への技術支援を提供しています。